世界の美術館

「雨傘の女たち」 ルノワール (オーギュスト・ルノワール)

雨傘の女たち
年代:1880/86年頃
製法:油彩、カンヴァス

リモージュ生まれのフランス人画家であるルノワールは「色彩の魔術師」と呼ばれ、印象派の中心人物のひとりとして活躍した。

この作品では、にわか雨模様のパリの春の日が日常的な感覚でとらえられている。

そして、傘の表す曲線の連なりがアクセントとなって、画面左前の若い女の姿、彼女の手提げ籠などにそのリズムが反映している。

そして子供に微笑みかける画面中央の女性の美しい表情——ゲーンズバラの筆触を思わせる——がこの絵全体を優しくまとめている。