世界の美術館

「説教の幻影」 ポール・ゴーガン

説教の幻影
年代:1888年
製法:油彩、カンヴァス

この作品は、フランス北西部ブルターニュのポン・タヴェンという村で描かれた。

太い輪郭線と平坦な絵の具の塗り方を確立したゴーガンの初期の代表作のひとつ。

民族衣装を着た村の娘達が祈りを捧げる現実世界と、天使がヤコブを押さえつける幻影の世界とが斜めの太い木で分けられ、隣り合って描かれている。