世界の美術館

「若い女性(ラウラ)」 ジョルジョーネ

若い女性(ラウラ)
年代:1506年
製法:油彩、カンヴァス

裏面の銘からジョルジョーネが1506年に描いたことが確実な作品である。

女性の背後に描かれている月桂樹(イタリア語で「ラウラ」)は、この女性の名前を示しているのであろうか。月桂樹が「男女の忠実」を象徴する場合もあることから、この女性像の対として、注文主の「ジャコモ」なる人物の肖像画があったとする説もある。

いずれにせよ、胸を半ばはだけたこの女性は娼婦であったと思われる。