世界の美術館

「我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処に行くのか」 ポール・ゴーガン

我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処に行くのか
年代:1897-1898年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ボストン美術館

ゴーガンに不幸な知らせが届いた。愛娘アリーヌの死の知らせだった。

困窮と闘いながら体の不調をなんとかこらえていた画家だったが、ついにその糸は切れ、ヒ素を飲んで自殺を図る。しかし未遂。

この作品は画家にとって遺書のような作品と考えられている。横4メートル近い大作。

右から左へ人間の一生を描いたとみることもできる。