世界の美術館

「水浴の女」 レンブラント・ファン・レイン

水浴の女
年代:1655年
製法:油彩、カンヴァス

レンブラントは最初の妻サスキアをしばしばモデルにして制作にあたったが、1642年に彼女が死亡、そしてその3年後、ヘンドリッキエ・ストッフェルスが新たな妻として迎えられ、彼女がレンブラントの絵画にも登場することになる。

この『水浴の女』も前年の『バテシバ』(パリ、ルーヴル美術館)も、おそらくヘンドリッキエがモデルと思われる。

極めて日常的な描写でありながら、明瞭な色彩の対比と奔放な筆遣いによって大胆な官能性を見せている。

「バテシバの沐浴」ー レンブラント・ファン・レイン