世界の美術館

「麦わら帽子」 ピーテル・パウル・ルーベンス

麦わら帽子
年代:1622/25年頃
製法:油彩、板

宗教画と世俗画の大作によって名声を博したルーベンスだが、肖像画と風景画においてもその技量のほどを示している。

この作品は、連作『マリー・ド・メディシスの一代記』(パリ、ルーヴル美術館)に取り組んでいた頃描かれたもので、モデルは画家の後妻の姉スザンナ・フールマンと言われている。

彼はしばしば彼女をモデルにしているが、比類の無い肌の描写において、この絵が最も優れている。なお、帽子は当時流行のビーバー帽。