世界の美術館

「化粧」 トゥルーズ=ロートレック

化粧
年代:1896年
製法:油彩、厚紙
収蔵美術館:オルセー美術館

娼婦たちの生態に気取りのない安らぎをみた画家は「どこよりも一番くつろげる」と称して娼館に入り浸った。

それは明け透けな彼女たちの姿に格好の描画モティーフを見いだしたことでもあり、50枚以上の油彩画と数百枚にもおよぶデッサンを制作し、1895年の5月には『彼女たち』という多色刷り石版画集も刊行している。

画家は女のやせた背を中央にすえることで、化粧という言葉の持つ、媚とは無縁な孤独感と一時の安息を表現している。(隠岐)