世界の美術館

「街の眺め」 フランチェスコ・グアルディ

街の眺め
年代:1775-1780年頃
製法:油彩、カンヴァス

生前はカナレットの名声の陰に隠されていたが、現在では光と色彩の近代的な把握による自然描写によって、18世紀ヴェネツィア風景画の代表者とされ、さらに印象派の風景画の文脈の中でとらえられている。

これは、その自由で即興的な晩年の作風を予告する作品で、透視図法への関心がまだ強いが、暗いアーチの下から明るい風景を見る時の気持ちの広がり、感覚の喜びをさわやかに描いている。