世界の美術館

「ナインの若者の蘇生」 パオロ・ヴェロネーゼ

ナインの若者の蘇生
年代:1565/70年
製法:油彩、カンヴァス

イエスが死んだ若者を蘇らせたという、奇跡の場面を描き出したもの。階段の半ばでイエスに訴えかけているのは若者の母親である。

作者ヴェロネーゼはヴェローナに生まれヴェネツィアで活躍したヴェネツィア派の指導的画家のひとり。

安定した構図を持つ華麗な大画面宗教画で知られるが、この作品における場面のクローズアップ、トリミングの仕方や人物たちの姿勢の扱いには、マニエリスム的要素もうかがわれる。