世界の美術館

「雪中の狩人(冬)」 ブリューゲル(父) (ピーテル・ブリューゲル(父))

雪中の狩人(冬)
年代:1565年
製法:油彩、板

家路につく家畜たち』に続く6枚連作の最後の作品。

家路につく家畜たち』では、農民たちが、やって来る冬に備えて、家畜たちを平地へと下ろしていたが、ここでは大地は雪に覆われ、狩猟、氷上での遊びなどが展開される。

木々や狩猟者たちの黒々とした姿が白い地にくっきりとしたシルエットを作り出すこの作品の造形的美しきは、のちの芸術家たちに大きな影響を及ぼした。

【関連展示会】
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展:2017年7月2日まで