世界の美術館

「風景の中のヴィーナス」 ルーカス・クラーナハ(父)

風景の中のヴィーナス
年代:1529年
製法:油彩、板
収蔵美術館:ルーブル美術館

ドイツ・ルネサンス期の偉大な画家クラーナハは、初め宗教画や肖像画を得意としていたが、イタリア・ルネサンス美術の影響を受け、徐々に裸婦を描き始めるようになった。

クラーナハの裸婦は、生きたモデルを写実的に描くというよりも、彼自身の美的感性に基づいて彼独自のヴィーナスのイメージとして作り上げられていったようだ。

そして、このヴィーナスに当時の宮廷婦人たちが愛用した帽子や薄いヴェールなどを着せたところに彼特有の官能性が生じていることも見逃せない。(橋)