世界の美術館

「選帝侯フリードリヒ賢公の鹿狩り」 ルーカス・クラーナハ(父)

選帝侯フリードリヒ賢公の鹿狩り
年代:1529年
製法:油彩、板

ここに描かれているのは1529年、当時すでに故人であったフリードリヒ賢公と皇帝マクシミリアン一世がともに参加した鹿狩りの模様。

二人と並んで描かれているザクセンのヨーハン堅忍公がクラーナハ(父)に命じて、過去の出来事の記録として制作させたものである。

肖像画の制作、さまざまな催しごとの装飾と並んで、こうした記録画の制作も宮廷画家の重要な仕事であった。