世界の美術館

「ヴィーナスとオルガン奏者と小犬」 ティツィアーノ・ヴェチェルリオ

ヴィーナスとオルガン奏者と小犬
年代:1548-1550年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

ティツィアーノは、ポエジーア(詩想画)と呼ばれる官能的な神話画を王侯貴族のために多数描いている。

本作品と類似の作品も数点残されており、同じプラド美術館には犬のかわりにキューピッドのいる作品が所蔵されている。

背景の広大な庭園、豪華なビロードのカーテン、豊満な裸婦、オルガンの響き、これらが一体となって官能的な愛の世界が醸し出されている。

解説:篠塚 二三男(跡見学園女子大学 教授)