世界の美術館

「ダナエ」 ティツィアーノ・ヴェチェルリオ

ダナエ
年代:1554年頃
製法:油彩、カンヴァス

ダナエはアルゴスの王アクリシオスの娘。

ダナエの息子が自分を殺すという予言を受けた王は、彼女を一室に隔離したが、彼女にほれ込んだゼウスが黄金の雨となって訪れ、その交わりからやがてペルセウスが生まれる。ティツィアーノは、黄金の雨がダナエに降り掛かる場面を、この作品も含めて3度描いている。

いずれもダナエのポーズは同じで、召使いの位置やポーズが異なっている。

解説:有川 治男(学習院大学 教授)