世界の美術館

「聖三位一体」 エル・グレコ

聖三位一体
年代:1577-1579年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

エル・グレコがローマからスペインに来たのは人生の半ば、35歳の頃である。

しかも本作やトレド大聖堂の『聖衣剥奪』等の大作でデビューした事実は驚きだが、彼に勝る画家がいなかったということだろう。主題は聖霊のハト、父なる神、受難後のキリストの三者が同一神格であることを表す。

色彩はティツィアーノ、キリストのポーズはミケランジェロの『ピエタ』と、イタリア時代の研鑽の跡をはっきりと留めている。(大高)