世界の美術館

「聖ペテロと聖パウロ」 エル・グレコ

聖ペテロと聖パウロ
年代:1614年
製法:油彩、カンヴァス

この作品はエル・グレコが名作『オルガス伯の埋葬』を描いたあとのものとされていたが、今はその死の年に描いたと考えられている。

『オルガス伯の埋葬』の人物の服装に見る精密な描写は、エル・グレコ晩年の幻覚的ビジョンとは全く違っているが、この絵の聖者の主観的な衣服の描き方はむしろ晩年の作品と共通している。

右側、厳しい態度で聖書に手をおろしているのは聖パウロ、左側は聖ペテロが手に天国の鍵を持ち、門番としてつつましく立っている。