世界の美術館

「ヴァージナルに向かう少女」 ヤン・フェルメール

ヴァージナルに向かう少女
年代:1670年代前半
製法:油彩、カンヴァス

フェルメールはデルフト出身のオランダの画家であるが、その生涯は謎に包まれている。彼の作品として確認されているものも、小品ばかり35点ほどにすぎない。

しかし、オランダの室内をおもな舞台とした知的で静謐(せいひつ)な画面は、今日なお多くの人々の心をとらえている。

この絵は画家の晩年作で、やはりナショナル・ギャラリーにある『ヴァージナルの前に立つ少女』と対になっている。いずれも音楽と愛との関連性を暗示していると言われている。