世界の美術館

「デルフトの小路」 ヤン・フェルメール

デルフトの小路
年代:1658年頃
製法:油彩、カンヴァス

これはフェルメールが残したわずか2点の戸外の風景(もうひとつは有名な『デルフトの眺望』)のひとつで、珠玉の1点とも言うべき名作である。

ホーホの別荘風景と比較すると、フェルメールが人物の役割を小さくして点景にとどめ、専ら小路に並ぶ建物を描き出すことに興味を集中していることがわかる。

私たちは、ただひたすら煉瓦(れんが)やよろい戸や白く塗られた壁の、えも言われぬ美しさに讃嘆していればよい。