世界の美術館

「陽気な家族」 ヤン・ステーン

陽気な家族
年代:1668年
製法:油彩、カンヴァス

ステーンはこの絵のように、老人から子供まで数世代を含む家庭の陽気な団欒(だんらん)の情景を好んで描いた。

床に散乱する皿や壷やスプーンは、この乱痴気騒ぎのすさまじさを物語っており、画家が道徳批判的な意味を画中に込めているのが読み取れよう。

右後ろの紙の上には、「老人が歌えば、若者がしゃべる」と書かれている。バグパイプを持つ男は画家自身である。

解説:荒木 成子(清泉女子大学 教授)