世界の美術館

「使徒パウロの姿の自画像」 レンブラント・ファン・レイン

使徒パウロの姿の自画像
年代:1661年
製法:油彩、カンヴァス

晩年に描いた自画像のひとつで、手に本を持ち、マントの間からは聖パウロのアトリビュート(持ち物)である剣がのぞいている。

父、母、息子など家族で試みたと同じように、彼は自分自身も聖なる人物に見立てて描いた。

上方から来る強い光に頭部を照らされ、半分陰になった彼の顔には、辛酸をなめて老年に達した人間の言葉に尽くせない歴史のすべてが語られている。