世界の美術館

「牛乳を注ぐ女」 ヤン・フェルメール

牛乳を注ぐ女
年代:1658年頃
製法:油彩、カンヴァス

窓の下のテーブルで、女中が牛乳を水差しから鉢に移し入れている。仕事に熱中している彼女の表情は陰になっていて細部を読み取ることは難しい。

何気なく置かれたパンや籠や布、壁に掛けた籠やあんかなどは、その質感まで描出され、光が一種の点描によって真珠のようにそれらの上に輝いている。

画中に響き合う青と黄色の組み合わせは、彼が好んで用いたものであった。ここにはひたすら眺めることによって得られる至福の世界がある。