世界の美術館

「ネヴァーモア」 ポール・ゴーガン

ネヴァーモア
年代:1897年
製法:油彩、カンヴァス

ゴーガンは、死に場所を求めるように再びタヒチにやってきた。

今度はパウラという13才の娘と暮らし始める。前回の滞在時に残した明るい画風とは異なった作品ができあがっていく。

「ネヴァーモア」とは「もはやない」という意味。当時フランスで流行した詩の一節だ。暗い画面の中で不吉なものがうごめいているようだ。