世界の美術館

「夕べ」 クロード・ロラン

夕べ
年代:1663年
製法:油彩、カンヴァス

この作品は他の『朝』、『昼』、『夜』とともにセットとして考えられているが、実際はそれぞれ別の人の注文で、別の時に描かれた。

その中でも『朝』とともに特に優れた作品である。日が沈み、神秘的な地平線から夜の気配が広がり、大地、水、空の色が刻々変わっていく。

前景には、トビトの息子トビアスが、死が近づいた父の指図で、貸した金を取り返す旅に出て、大天使ラファエルに出会ったところが描かれている。