世界の美術館

「牧歌的情景」 フランソワ・ブーシェ

牧歌的情景
年代:1740年頃
製法:油彩、カンヴァス

美しい田園の中で男女が愛を語る場面は、この時代のロココ趣味の生活の中で、広く愛された主題であった。

ブーシェのこのような作品は、そのままひとつのデザインとして装飾用のタペストリーに織られ、陶磁人形に作られ、たんすなどの家具に飾る陶板の絵付に応用され、また細密画になってペンダントなどの小さな身の回りのものを飾った。

この作品も、そのまま工芸品に転用できる装飾的な美しさを備えている。