世界の美術館

「鮭、レモン、三つの器のある静物」 ルイス・メレンデス

鮭、レモン、三つの器のある静物
題名:鮭、レモン、三つの器のある静物
年代:1772年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

ナポリ出身のルイス・メレンデスは多くの静物画を残したが、サンチェス・コクーンやスルバランらによって17世紀に大いに発達した「ボデゴン(厨房画〔ちゅうぼうが〕)」の伝統を継承している。

対象を的確に把握する写実主義と大胆な画面構成により、迫真的な即物性が感じられる。

この作品は、アランフェス宮の室内装飾のための連作の1点である。

解説:木下 亮(昭和女子大学 教授)