世界の美術館

「カルロス二世」 ミランダ(フアン・カレーニョ・デ・ミランダ)

カルロス二世
題名:カルロス二世
年代:1670年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

凋落(ちょうらく)と混乱の著しかった17世紀後半のスペインを治めたカルロス二世は、ハプスブルク王家最後の国王であった。

生来病弱だった若き国王の憂いに満ちた姿が、品位を失うことなく描かれている。

ミランダは、ベラスケスの自由な筆致とルーベンスの豊かな色彩を踏襲し、17世紀宮廷肖像画の伝統の最後を飾るのである。

解説:木下 亮(昭和女子大学 教授)