世界の美術館

「若い女の肖像」 エドガー・ドガ

若い女の肖像
年代:1867年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

小品ながら、肖像画家としてのドガの腕の冴えを見せるこの作品は、画家の自信作であったらしく、10年後の1877年、第3回印象派展に展示されている。

モデルは妹、姪、友人の娘など特定できてないが、ドガが1858年に制作した『ベレッリ家の人々』が1867年のサロンに出品されており、左側に立つドガの叔母ベレッリ夫人の顔の向きと黒い服などに類似点が見られるから、昔の肖像画に何らかの触発を受けて結晶した画面と思われる。(隠岐)