世界の美術館

「聖アントニウスの誘惑」 ボス(ヒエロニムス・ボス)

聖アントニウスの誘惑
年代:1490年頃
製法:油彩、板
収蔵美術館:プラド美術館

砂漠に隠遁し晩年を過ごした聖人アントニウスが、水辺のほとりで瞑想にふけっている。周囲を奇妙な小悪魔たちが取り囲み、彼を盛んに試している。

しかし、聖人はその攻撃に心乱されることはない。彼のかたわらにはお供の豚が寝そべり、頭巾(ずきん)の右肩には神を象徴する「T」の文字が読める。

解説:木下 亮(昭和女子大学 教授)