世界の美術館

「三美神」 ルーベンス (ピーテル・パウル・ルーベンス)

三美神
年代:1636-1638年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

ルーベンス後期の代表作。三美神は愛の女神ヴィーナスに仕える擬人像で、ことにルネサンス時代、三者が愛と欲望とその成就を表すという寓意(ぐうい)解釈が流行した。

ここでは北方の田園風景を舞台に花飾り、キューピッドと噴水を添え、三女性が向きを変えつつ豊満な裸身を誇らし気にさらす。左端の若い妻を含め、女体美の讃歌に画家の狙いはあっただろう。

こうした裸婦像は次のロココ時代、さらにルノワールにおいて新しい展開をみるのである。

解説:大高 保二郎(早稲田大学 教授)