世界の美術館

「女官たち」 ディエゴ・ベラスケス

女官たち
年代:1656年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

ベラスケス芸術の完成、またスペイン絵画の頂点である。

完璧な空間構成と自然な人物配置で、鑑賞者を17世紀の宮廷社会に誘う。

主題はフェリペ四世一族の集団肖像画で、マルガリータ王女を中心に二人の女官、矮人(わいじん)たちと犬、誇らし気な画家自身と腰元たち、さらに背後の鏡は絵の前に立つ国王夫妻を象徴的に映し出す。

この鏡と登場人物の視線によって虚構と現実の境界を魔術的に乗り越え、“絵画の神学”の讃辞にふさわしい。(大高)

    スポンサードリンク