世界の美術館

「バッカスの戴冠(酔払いたち)」 ディエゴ・ベラスケス

バッカスの戴冠(酔払いたち)
年代:1628-1629年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

ベラスケスとしては珍しい神話画で、念願のイタリア旅行の直前、セビーリャ以来の初期様式を総合した記念碑である。

半裸のバッカスが中央に座り、周囲の男たちに葡萄(ブドウ)の冠を授けている。この主題には、当時マドリードに滞在中のルーベンスの影響があろう。

だが、宗教画と同様、ここでも異教の神々は英雄ではなく、地上的人間、単なる“酔っ払いたち”として描かれた。それがバロック特有の神話解釈なのである。(大高)