世界の美術館

「ハンガリー王妃マリア・デ・アウストリア」 ディエゴ・ベラスケス

ハンガリー王妃マリア・デ・アウストリア
年代:1639年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

マリア内親王はフェリペ四世の妹で、フェルナンド三世と結婚して神聖ローマ皇帝妃となった。

ベラスケスはイタリア遊学の帰途ナポリに寄り、嫁ぐ旅路のマリア内親王を肖像に描いて本国に持ち帰った。それが本図である。

髪や首巻きを繊細なタッチで仕上げ、顔には、モデルの驕慢(きょうまん)な気質をみごとにとらえている。

これから20年後、彼女の娘マリアナがフェリペ四世と結婚、この叔父と姪の血族結婚からマルガリータが生まれるのである。(大高)