世界の美術館

「マルガリータ王女」 ディエゴ・ベラスケス

マルガリータ王女
年代:1660年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

マルガリータは1650年、フェリペ四世と再婚した若いマリアナ王妃との間に生まれた。

幼い時から愛らしい同王女の姿は何度も描かれ、嫁ぐことが予定されたウィーンの王家に成長記録として贈られた。本作はベラスケスの最晩年に属するもので絶筆とされる。

近くでは“色彩の染み”だが、離れて見れば朱と銀灰色の豪奢(ごうしゃ)な骨張りスカートに、またみごとな材質感のハンカチや花に変わる。それはもう印象派の技法に近い。(大高)