世界の美術館

「都会のダンス」 ルノワール (オーギュスト・ルノワール)

都会のダンス
年代:1883年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

『田舎のダンス』とは対照的に、透明感のある寒色、古典的な手法で描かれている。モデルは、17歳のマリー=クレマンティーヌ・ヴァラドン(のちにユトリロの母親となるシュザンヌ・ヴァラドン)。

そのドレスはタフタで、光沢や豪華な襞(ひだ)の描写はベラスケスやイタリア・ルネサンスの巨匠のそれに近い。この時期、ルノワールは形がすべて光の中に溶け込む印象派の手法から抜け出し、明確な輪郭線で人物を表現する方向に向かおうとした。

解説:高草 茂(美術史家)