世界の美術館

「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」 ルノワール (オーギュスト・ルノワール)

ムーラン・ド・ラ・ギャレット
年代:1876年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

パリのモンマルトルで製粉業を営んでいた親子が古い風車の脇に開いた酒場には、あまり豊かでない芸術家や労働者、学生たちが集まり、木陰で踊りを楽しんだ。

ルノワールは友人の勧めで近くにカンヴァスを運び、この情景を絵にする。広場に群れてダンスに興じ、酒を楽しむ若い男女の熱気が画面いっぱいに溢れ、木洩れ日の輝きや衣装や顔に映える反射光で、口紅やリボンの赤、ドレスの白い裾、帽子や服などの彩りが、限りない美しさを奏でる。

解説:高草 茂(美術史家)
    スポンサードリンク