世界の美術館

「陽光の中の裸婦」 ルノワール (オーギュスト・ルノワール)

陽光の中の裸婦
年代:1876年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

「習作」と題して第2回印象派展に出品した作品であるが、批評家の嘲笑を浴び、フィガロ紙も「緑色や紫色がかった斑点だらけの肉体」と酷評した。

庭の樹間から洩れてくる日の光が女性の肌にわずかにかかり、その体はほとんど、茂みにこぼれ落ちる光のさまざまな影に包まれている。緑や紫がかった色合いは樹葉に反射した光を映し、柔らかな肌色を美しく際立たせる。モデルはマネの作品にもしばしば登場する愛称アンナという女性。

解説:高草 茂(美術史家)