世界の美術館

「オランピア」 エドゥワール・マネ

オランピア
年代:1863年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

ルネサンスの巨匠ティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』の現代版を目指したこの裸婦像は、『草上の昼食』が巻き起こした騒ぎのほとぼりを冷ますため、1年待って1865年のサロンに出品され、今度は入選したものの、前作以上のスキャンダルとなった。

裸体画の鑑賞には神話の口実や現実感覚の韜晦(とうかい)が常識とされる当時にあって、この裸婦が姿や態度、花束を見せる黒人の召使いなどから、はっきり現実の娼婦とわかったからである。(隠岐)