世界の美術館

「サン=ラザール駅」 クロード・モネ

サン=ラザール駅
年代:1877年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

子どもの頃住んだル・アーヴルやアルジャントゥイユへの往き来にモネはこのサン=ラザール駅を利用した。駅構内を覆うガラス天井からの光の中に揺らめく機関車の煙や蒸気、鉄骨の枠に収められた背景の建物の輝きが、大都会に息づく終着駅の雰囲気を演出して見せる。

画面中央下方、水平に描かれたヨーロッパ橋がこの絵の構図を引き締め、画家の周到な配慮をうかがわせる。のちの連作『積み藁(わら)』や『睡蓮』などの先駆けをなす作品である。(高草)