世界の美術館

「黒い羽毛のショールの女」 トゥルーズ=ロートレック

黒い羽毛のショールの女
年代:1892年
製法:油彩、厚紙
収蔵美術館:オルセー美術館

トゥルーズ=ロートレックは常にスケッチブックを携帯し、気に入ったものを素早く的確に素描したと言われる。

この画面のようにモデルが眼前で悠然とポーズをとる場合でも、あえて画家は非常に急いだ描法をとっている。

カルトンの背景はほとんど塗られておらず、模様のある彼女の黒っぽいドレスもざっとなぞったのみである。ただ白粉を塗った顔だけが、幾分入念に描かれて、狡猾そうな視線の中に娼婦のしたたかさをうかがわせている。(隠岐)