世界の美術館

「マグダラのマリア」 リベーラ(ホセ・デ・リベーラ)

マグダラのマリア
年代:1640-1641年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

リアリズムと明暗法の画家リベーラの真髄が発揮された一作である。

簡潔で調和のとれた構図、人体の繊細かつ生き生きとした表現は、対象の内面に肉薄する迫真性を帯びている。

香油瓶を象徴とする悔悟者マグダレーナは、16−17世紀のスペインで特に好まれたテーマである。(本作は聖ターイスを表すともいわれる)

解説:安發 和彰(東北芸術工科大学 教授)