世界の美術館

「四人の哲学者」 ピーテル・パウル・ルーベンス

四人の哲学者
年代:1611-1612年頃
製法:油彩、板
収蔵美術館:ピッティ美術館

この作品は、1611年に他界したルーベンスの兄フィリップの追悼のために描かれたとされる。

肖像は右から人文主義者のウォヴェリウス、有名なストア哲学者でありフィリップの師であったリプシウス、そして兄フィリップがモデルとなっており、背後に立っているのはルーベンス自身である。

リプシウスを中心に3人は哲学的な議論を交わしているようである。その上方にはセネカの胸像が置かれている。