世界の美術館

「アラクネの寓話(織女たち)」 ベラスケス(ディエゴ・ベラスケス)

アラクネの寓話(織女たち)
年代:1657年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

女官たち』と並ぶ晩年の傑作。長らく王室綴れ織り工場で働く女性たちを描いた写実的情景と信じられてきたが、実は“アラクネの寓話(ぐうわ)”という神話物語が本当のテーマである。

前景の右と左にアラクネとミネルヴァの織物競技、後景に女神の怒りを買ってその名のとおり蜘昧(クモ〔アラクネ〕)に姿を変えられる場面を表している。

火災時の損傷で画面は傷んでいるが、光や空気の層を通して雰囲気をみごとにとらえ、糸車の響きさえ聞こえるようだ。(大高)

「女官たち」 ディエゴ・ベラスケス