世界の美術館

「麦畑と糸杉の木」 フィンセント・ファン・ゴッホ

麦畑と糸杉の木
年代:1889年
製法:油彩、カンヴァス

ゴッホはオランダ出身で、フランスで活躍した画家である。画廊の店員、教師、伝道師を経たのち、画家を志したのは1880年になってからのことであった。

初期は陰鬱(いんうつ)なリアリズムに満ちていたが、1886年以降はパリで印象派、新印象派、そして浮世絵の影響を受けている。

この作品は死の前年の10月、サン=レミで描いたものだが、全体の構想は古典的である。つまり糸杉の垂直線と麦畑の水平線、空と地、暖色と寒色など、様々な対立がこの画面にある安定感をもたらしていると言えるのだ。

    スポンサードリンク