世界の美術館

【コラム】美術の皮膚(15)「革命の画家たち②」

今までの連載はコチラから

ルネッサンス三大巨匠の一翼を担う(伊)ミケランジェロ・ブオナローティ(1475~1564)は、彫刻家でありながら、絵画、建築にも才能を発揮したもう一人の万能の天才と言える。

Stpieta
サン・ピエトロのピエタ / image via wikipedia

ヴァチカン市国にあるカトリック教の総本山サン・ピエトロ大聖堂にある「サン・ピエトロのピエタ」像(1498~1500)だけでなく、ヴァチカンの歴代教皇からシスティーナ礼拝堂の天井画「アダムの創造」(1508~1512)や祭壇画「最後の審判」(1535~1541)を依頼されるなど当時からその才能は高く評価されていた。

レオナルド・ダ・ヴィンチとの確執も有名で、レオナルドが「絵画こそ最高の芸術」と主張すると、異を唱えて「彫刻こそ最高の芸術だっ。絵画に背中が描けるか?」と反論したものの、「では、彫刻に空気が描けるのか?」と逆に論破されたという話もあるけれど、自身も画家でありながらイタリアの美術史「芸術家列伝」を書いた(伊)ジョルジョ・ヴァザーリ(1511~1574)は、ミケランジェロをルネサンス芸術の頂点と評価している。

2017年6月には、三菱1号館美術館(東京丸の内)で、二人の素描画を集めて開催された「レオナルド×ミケランジェロ展」では、ライバルの競演が観られたが、16世紀初めにも(伊)フィレンツェにあるヴェッキオ宮殿で、レオナルドの描く「アンギアーリの戦い」の隣の壁に、ミケランジェロが「カッシーナの戦い」を描くという競演が実現されそうになったのだけれど、結局は諸事情で完成せずに幻となってしまった。

ルネサンス三大巨匠の中で最年少の(伊)ラファエロ・サンティ(1483~1520)は、先人たちから多くを学び、後世の研究者たちから「ルネサンスの集大成を描いた」とまで云われている。

19世紀中期のイギリスでは、ラファエロを規範とした官制アカデミーに対抗して、華やかなルネサンス芸術(の象徴ラファエロ)を否定し、ラファエロが登場する前のように、自然をありのまま素朴に描こうという「ラファエル前派」という芸術運動が興った。しかし、むしろ逆説的にルネサンスを代表する画家であるという事の証でもある。

(伊)ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488頃~1576)はベネツィア派最大の巨匠として、色彩の錬金術師と異名を取り、ベネツィアだけでなくヨーロッパ中にその名を響かせ、神聖ローマ帝国の歴代皇帝がパトロンにいた。

当時にしては珍しい享年88歳の長寿で、活躍した期間が長いことも、多くの画家たちに影響を与えた一因になっているのかもしれない。中世のヨーロッパの平均寿命は30歳代とも云われているから、ティツィアーノは超人的な長生きだったということになる。

(伊)ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ(1573~1610)は、極端なまでの明暗を使って「光」を「闇」で劇的に表現することによって、後世の「光」を追いかける画家たちに影響を与えた。というのも、特に見たままを表現しようとする画家たちには、3次元の世界を2次元のキャンパスに(遠近法等を駆使して)描くだけでなく、「光の三原色」を「絵具の三原色」で表現するという課題が立ちはだかっている。

光の三原色は混ざると白くなるのだけれど、絵具は黒くなってしまうため、例えば明るい絵を描いた印象派の画家たちが、パレットで絵具を混ぜず、キャンパスの上に隣り合わせて置いたように、「光」を描くことは創作の大きな要素なのだ。

(つづく)

高柳茂樹
一般社団法人日本美術アカデミー
プランニングディレクター
    スポンサードリンク