世界の美術館

【コラム】美術の皮膚(14)「革命の画家たち①」

今までの連載はコチラから

作品の細部について画家同士の「影響」を紐づける専門的な研究は、日々行われていると思うけれど、影響を「受けた」と本人たちに確認する術がないのを良いことに、ただデータを頼りの好奇心に駆られて「19世紀以前に後世に影響を与えた画家」ベストテンを時系で追ってみる。

(伊)ジオット・ディ・ボンドーネ(1266頃~1337)は12世紀半ばに今のパリを中心に興ったゴシック美術最大の画家で、その作品の立体感や表現力でルネサンスの幕開けに大きく寄与したと云われている。

ゴシック美術が、イギリス、ドイツ、スペインを経て15世紀頃にイタリアに届くと、イタリア絵画の創始者として有名な(少し先輩だけど)チマブーエ(1240~1303)にも大きな影響を与えるのだから、その後の間接的な影響は計り知れない...

アルノルフィーニ夫妻像
アルノルフィーニ夫妻像 / image via wikipedia

大ヒットした海外ドラマ「デスパレートな妻たち」のオープニングでも「アルノルフィーニ夫婦」(1434/ロンドンナショナルギャラリー所蔵)が使われていたりする(フランドル)ヤン・ヴァン・エイク(1390~1441)は、油彩画を革新的に発展させた功績で、油絵具の発明者とまで云われている。

宰相ロランの聖母

また、自身の作品に初めて署名や制作年月日を描き込んだり、前述の「アルノルフィーニ夫婦」や「宰相ニコラ・ロランの聖母子」(1435頃/ルーブル美術館所蔵)に見られるように画面の中心奥に何か気になるモノを描いたり、床を斜めの格子文様で描いて、観る者をまるで絵の中に引き込むような仕掛けをしている。個人的にはもっと上位でもおかしくないとは思うのだけれど、「神の手を持つ男」と称される緻密な作風が、他の追随を許さない孤高の画家にさせているのかもしれない。

(伊)ピエロ・デラ・フランチェスカ(1415頃〜1492)は、イタリア内陸のウンブリア地方でウンブリア派と呼ばれる、正確な遠近法や整然とした構図に代表される独自の画風を確立しただけでなく、数学者として遠近法の論理をまとめた「絵画の遠近法」という著書まである。

そして(伊)アンドレア・マンティーニャ(1431~1536)は前述のように「短縮法」を発明し、(伊)レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)に至っては「空気遠近法」や「スフマート手法」を確立しただけでなく、正確な創作のために人体の構造を知りたがって、見つかれば宗教裁判で死罪にもなりかねないリスクを負って、夜な夜な死体を解剖しては脳の解剖図を精査としたとさえ云われている。

(独)アルブレヒト・デューラー(1471~1528)は、ドイツ美術史上最大の画家と呼ばれ、ドイツでの画家の地位を職人から芸術家に高めたと云われている。初めて純粋な自画像や風景画を描いた画家であり、作品中に自身のイニシャル(AとD)をデザインしたモノグラムを採用したことでも知られている。また、多くの版画を残したことで、印刷された作品が広く伝播し、彼の知名度を広めるのに一役を買った。

(つづく)

高柳茂樹
一般社団法人日本美術アカデミー
プランニングディレクター
    スポンサードリンク